​mindfulness

IMG_6231_edited_edited_edited.jpg


 mind
  fulness 



毎日お天気が日々違うように、私たちにもいろんな日があります

私の独身時、何かに向かって走るような毎日で
頑張ることが生きがいの様に感じていました



気づいた時には、自分の心や体を後回しにしていて
寝ても疲れが取れない、ストレスも溜まり
気づいたら体や心が疲れ切っていたんです。




何かを変えたい!そんな時
ヨガに出逢い
体の改善のために始め、不調は徐々に改善されて
そこから更に
マインドフルネスに出会い
心理学、脳科学、マインドフルネスストレス低減法等
を学び
その時初めて、自分で自分に
そのままでいい。と許すことができました














マインドフルネスとは
「今に気づくこと」今という瞬間を意識する


目の前の出来事と、頭では違うことを考えている事がよくあります

鏡を見ながら違う事を考えたりしませんか?
脳が違うことを考えて意識が”今ここにない”状態を


DMN状態(デフォルトモードネットワーク)
車で言うとアイドリング状態

脳内で偏桃体が活性化されて不安イライラが増加します




ITの進化により便利になり情報過多の時代
今の私たち子供も含めて、脳がDMNになりやすい
脳が休まりにくく集中力も低下します

自分が今何を考え、体にどんな感覚があるのかさえ
周りに流されやすくなってしまいます

人は1日6万回思考が働き8割がネガティブに考えやすいといわれます














マインドフルネスで自分の思考癖に気づくと
「落ち着いて自分を客観視することができます」
頭の中のDMNが鎮静化し集中力も高まり、仕事や日常生活の効率も上がります
EQの向上、共感力向上、ストレス軽減、、、様々な効果が期待できます


そしてその自分の感情に寄り添うと自分を認め、癒しが生まれます




マインドフルネスのやり方は
瞑想だけでなくヨガ、bodyスキャン、ラベリング、書く、食べる、歩く、寝転んでもできます










この効果は脳科学的にも認められ海外ではgoogle、Intel、Apple、Facebook、P&G、スターバックスなど数多くの企業研修などでも取り入れられgoogle社は瞑想ルームなどもあります
日本でも企業や医療、福祉、トップアスリート、芸能、ヨガ、様々な分野で使われています








haleyogaでのグループレッスンにてマインドフルネスヨガコース
更に詳しくお聞きになりたい方はパーソナルでの受講をお勧めいたします



また、企業研修や学校、保育園など出張もしております。お気軽にお声かけください