​mindfulness

IMG_6231_edited_edited_edited.jpg


 mind
  fulness 



毎日お天気が日々違うように、私たちにもいろんな日があります

私は社会人スタート時は
何かに向かって走るような毎日で
頑張ることが生きがいの様に感じていました



気づいたら
自分の心や体を後回しにしていて
たまの休日には出かけたりリフレッシュはするものの
その日の出来事を考えて寝つきが悪かったり
寝ても疲れが取れない日々だったんです



体の改善のためにヨガを始めて
体の不調が徐々に改善され
ヨガ哲学や瞑想を深めたいな…

そう思っていた時に
マインドフルネスの本に出会いました




その本の中の忘れられない一行

「何もしない事をする」って書いてあって


毎日忙しくしていた私にとって
この言葉に衝撃を受けて
日本でマインドフルネスの第一人者、吉田昌生先生の養成講座を受講しました






















マインドフルネスとは
「今に気づいて思いやること」

実は私たち目の前のことと違うことを考えていることってよくあるんです
鏡を見ながら違う事を考えたりしませんか?
脳が違うことを考えて意識が”今ここにない”状態を


DMN状態といいます(デフォルトモードネットワーク)
車で言うとずっとアイドリング状態です

この時、脳内では偏桃体が活性化されている状態で不安イライラが増加します





ITの進化により便利になってきたぶん情報過多の時代
今の私たち子供も含めて、脳がDMNになりやすい環境なんです
それにより、脳が休まりにくく集中力が低下しやすかったりします
人は1日6万回思考が働き8割がネガティブに考えやすいといわれます


















マインドフルネスで自分の思考癖に気づくと
「落ち着いて自分を客観視することができます」
頭の中のDMNが鎮静化し集中力も高まり、仕事や日常生活の効率も上がります
EQの向上、共感力向上、ストレス軽減、、、様々な効果が期待できます





マインドフルネスのやり方は
瞑想だけでなくヨガ、bodyスキャン、ラベリング、書く、食べる、歩く、寝転んでもできます
いつでも気軽にできるんです









この効果は脳科学的にも認められ海外ではgoogle、Intel、Apple、Facebook、P&G、スターバックスなど数多くの企業研修などでも取り入れられgoogle社は瞑想ルームなどもあります
日本でも医療や福祉、トップアスリート、芸能、ヨガ、様々な分野で使われています








haleyogaでは
”自分自身の心地よさ”を大切にしてます
カイロプラクティックヨガで体を整え
マインドフルネで今の心を観察し思いやると
心身ともに軽くなります
​ぜひ一度ご体験ください